自分の無能さが辛い。自暴自棄になる前に取るべき行動と考え方

スポンサーリンク
仕事

「無能過ぎてついていけない」「もう辞めたい」「周りに迷惑かけてる」

仕事でミスしたり、周りの人が簡単できることができなかったりすると無能だなと思うかもしれません。

ほとんどの人が自分を無能と感じた経験があるはずです。

 

ただ「無能だ」って思っているだけでは、本当に無能なままです。

「無能過ぎて辛い」って思ったときこそ、成長するチャンスでもあります。

もしかしたら、環境を変える機会を与えられたのかもしれません。

 

自分を変えるには行動するしかありません。

いつまでも、受け身では何も変化しません。

この記事を読んで、環境を変えるきっかけになってほしいです。

こんな人に読んでほしい

・無能過ぎて仕事を辞めたいと思っている人

・転職を検討している人

スポンサーリンク

無能な人ほど伸び代がある

これを読んでいるあなたは自分のことを「無能」と思っているはずです。

 

全てにおいて、有能の人なんていません。

多くの人が自分自身のどこかに満足せず、無能だと言います。


私は下記のことで無能だなと感じることがあります。

・仕事でミスをしたとき

・仕事がうまくこなせないとき

・キャパオーバーと感じたとき

・上司から無能だと言われたとき

・優秀な同僚がいるとき

・仕事が向いていないと感じたとき

無能だと感じる瞬間は成長できる瞬間です。

「無能=使えない」ではなく、「無能=伸び代がある」という考え方にしてみませんか?

 

そうするだけで、気持ちが楽になります。

「何もできないから無能」という考えを捨てましょう。

 

生まれてきたばかりの赤ちゃんを無能だと思いますか?

きっと思わないですよね。

これから喋るようになり、歩くようになり、できないことができるようになります。

 

できないことができるようになる人を無能と言いません。

できないことをできないままにする人を無能と言います。

あなたは無能なのではなく、成長するための壁にぶち当たっているだけかもしれません。

無能と感じたら成長のチャンス

自分自身を無能と感じた時は成長のチャンスです!

 

今まで出来なかったことができるようになるかもしれません。

思い切って転職して環境を変えるきっかけになるかもしれません。

 

無能と感じたときは、あなた自身が変わる最大のチャンスです。

過去の自分は無能だった」と言えるようになりませんか?

無能から抜け出すには?

無能は成長のチャンスと言いましたが、具体的に何かアクションを起こさなければ成長することはありません。

無能だと感じる原因で多くあるのが「人間関係」「職場環境」「自身のスキル不足」「仕事が合ってない」などあります。

 

人間関係や職場関係が主な原因なら、転職を考えるべきです。

「せっかく入社した会社だから、できない」

「入社したばかりだから、できない」

「人手不足だから、できない」

「次の会社が決まってないから、できない」

 

できない理由ばかり言っているから、いつまでたっても今の状況から抜け出せません。

と、言ってもいきなり退職してしまうと収入源を失ってしまうので、仕事をしながら転職活動をすることをおすすめします。

無能な人は行動しない

無能な人ほど口だけですぐ行動に移すことをしません。

「あとでやろう」「今じゃない」こう言っている人で有能な人っていませんよね。

 

行動を後回しにするから同じミスを繰り返したり、わからないものがわからないままだったりします。

本当に自分を変えたいなら飲み行ったり、YouTubeやTwitterを見ている場合じゃないですよ。

 

職場環境を変えたいなら、転職活動をしなければなりません。

転職活動は大変だし、面倒ですよ。

 

何かしらの理由をつけて行動しない人は、無能な人と同じです。

頭で考えたことを行動に移せるのは、ほんの一部の人だけです。

無能を脱却するための転職活動とは

職場環境を変えるためには、転職活動をしなければなりません。

転職するにはサイトへの登録・応募・面接など様々な工程があります。

 

この中で一番大変なのは、「自分に合った求人を探すこと」です。

 

「求人なんてすぐ見つかるよ」と思う人もいますが、転職サイトには何千何万と求人があります。 

その中から自分に合った企業を探すために全ての求人をチェックしますか?

「この企業はとりあえず保留」と思っている間に、求人掲載が終わっているかもしれません。

「これだ!」って思う企業に応募してもWEB選考や書類選考で落とされるかもしれません。

「応募しても面接まで行けない」

「面接しても、うまくいかない」


この結果が続くと、こう言います。

 

「自分は無能だ」

 

そして、「とりあえず、内定が出たところに入社しよう」と妥協することになります。

 

転職をすることで、さらに悪い職場環境を作るのは自分自身かもしれません。

そうならないためにどうすればいいのか?

 

あなたに合った企業をキャリアアドバイザーから紹介してもらえばいいんです。

おすすめは「マイナビエージェント」「パソナ」「doda」です。

転職エージェントは企業を紹介する以外にも、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策もしてくれます。 

 

転職エージェントをおすすめするもう一つの理由は求人数が多いことです。

転職サイトに掲載されている求人は、求人全体のたった2割しかありません。

残りの80%は転職サイトに掲載されていない「非公開求人」となります。

 

マイナビエージェント」「パソナ」「doda」は非公開求人も多く扱っているため、求人数が転職サイトと比べて比較的にならないくらい豊富です。

このサービスを全て無料で受けることができます。

 

もし、転職先の業界が絞られている場合は、業界に特化した転職エージェントを使いましょう。

取り扱っている求人数が多いだけでなく、キャリアアドバイザーもその分野に特化した専門知識を備えているからです。

特化型転職エージェント

・飲食業界に特化した「フーズラボ・エージェント」「クックビズ

・ゲーム業界に特化した「ファミキャリ」

・美容業界に特化した「パスキャリ」

・営業職に特化した「ベンチャーセールス」

・介護に特化した「介護JJ」

・第二新卒に特化した「ウズキャリ第二新卒」・「第二新卒エージェントneo」

無能を脱却するために、何か行動に移しましょう!

半年後、1年後に精神的にも金銭的に楽になっている保証はありますか?

無能だと感じた時がチャンスです。

まとめ

自分を無能だと思える人は成長できる人です。

 

そして、あなたは無能なんかではありません。

もしかしたら、今が環境を変える絶好のチャンスなのかもしれません。

 

将来の自分のために、今何をすればいいかを考える時間を作ってほしいです。

転職だけが、道ではありません。

転職活動をすることで、今の会社の良さを見出せるかもしれません。